アルコールカテゴリーにてID-POSデータを活用し、サンプリングしたいブランドの非購買者 かつ 競合ブランド購買者(ターゲット)を
抽出してサンプリングをした結果、どのような効果・態度変容が見られるかを検証しました。

調査概要

1.調査対象

・25歳以上男性で、2014年1月-6月に「アルコールブランドA」の購買経験がないユーザー
・2014年1月-6月に「アルコールブランドB」or「アルコールブランドC」 or「アルコールブランドD」を購入しているユーザー
※同カテゴリー内で、これらのブランドを単一で70%以上購入のロイヤルユーザーは除く

2.調査方法

インターネット上の自記入式アンケート(PC/モバイル)

3.補足

・サンプリング前後に、事前アンケート、事後アンケートをそれぞれ実施し、サンプリング前後におけるサンプリングした
アルコールブランドAへの態度変容を見る。

調査結果概要 無料レポート請求
※ 「無料レポート請求」の場合は、お手数ですが、「お問い合わせ内容」の欄にその旨ご記入ください。